三島市の初詣は三嶋大社へ参拝しよう!

2019年12月24日

三島市の初詣は三嶋大社へ参拝しよう!必見のお正月神事をご紹介

 

毎年あっという間に年の瀬になると、来年のお正月にはどこの神社やお寺に参拝しようか迷いますよね。

 

静岡県三島市には古い歴史のある「三嶋大社」が鎮座しており、例年お正月の初詣には地元の方など多くの参拝客が訪れます。

 

この記事では三島市にある三嶋大社の歴史や、2020年お正月初詣期間に執り行われる神事についてご紹介していきます。

 

三嶋大社2

三島市 初詣 三嶋大社にはどんな歴史があるの?

静岡県三島市大宮町に鎮座する三嶋大社は、JR三島駅から徒歩約13分で行くことができる神社です。

 

はっきりとした創建時期は不明ですが、千数百年もの歴史があると言われています。

 

奈良や平安時代の古書にも記録が残されるほど古く、神社名の「三島」はこの辺りの地名にもなっています。

 

鎌倉時代に活躍した武士で伊豆に流された源頼朝公は、三島神社を深く崇敬していたとされ、平氏打倒の兵を挙げたことでも有名です。

 

頼朝の妻である北条政子が奉納したと伝えられる「梅蒔絵手箱及び内容品一具」は、当時の最高技術が結集されており、その一部を宝物館で見ることができます。

 

大社の名にふさわしい重要文化財に指定された立派な社殿があり、秋になると境内にある樹齢約1200年の金木犀から芳しい香りが漂うなど、広くて大きな神社でもあります。

令和2年初詣 三島市三嶋大社で予定されている神事

三島市にある三嶋大社は、お正月三が日の初詣で60万人以上の人が参拝するなど、例年多くの初詣客が訪れる人気スポットです。

 

令和2年の初詣で予定されている神事には、1月1日0時より初太鼓を合図に人々がよい年であることを祈る「開運祈祷祭」にはじまり、開運厄除けなど年始めに心豊かな1年を過ごせるよう、ご祈祷が行われます。

 

1月3日の午前10時からは「酒神社例大祭」も行われ、三島酒販協同組合による振る舞い酒や、地元で製造した地酒の販売も行われます。

 

1月1日から3日までの期間中、混雑を避けるため境内駐車場は閉鎖となりますので、お車で行かれる方は注意しましょう。

 

1月7日午後1時からは静岡県無形民俗文化財である「田祭り・お田打神事」が行われ、紅白の小餅や福もみがまかれます。

 

三島市三嶋大社のご利益は開運厄除けをはじめ、無病息災、商売繁盛、合格祈願・良縁成就などがありますので、ぜひ年始めの初詣で願いを唱えてみてはいかがでしょうか。

三島市にある三嶋大社は古い歴史のある由緒正しい神社で、お正月には例年多くの初詣客が訪れる活気のある神社です。

 

ぜひ年の始めに歴史深い神社で、1年の開運を願って参拝してみてはいかがでしょうか。

 

私たち住宅情報センター静岡三島店では、三島市エリアを中心に不動産情報を取り扱っております。

 

住まい探しでお困りでしたら、お気軽にお問い合わせください。